青の聖騎士伝説

LEGEND OF THE BLUE PALADIN

『フォーチュン・クエスト』『デュアン・サーク』に続く、もう一つの冒険譚―――。


bk1で購入


青の聖騎士伝説
LEGEND OF BLUE PALADIN

ハードカバー上製本
2002年3月5日初版発行
発行:メディアワークス

イラスト:米田仁士
ISBN4-8402-2043-3

 これは、クレイ・S・アンダーソンの曾祖父、クレイ・J・アンダーソンの物語である。
 フォーチュンの時代からさかのぼること100年前、青の聖騎士と讃えられたクレイ・J・アンダーソンの3つのエピソード【サラスの章】【ミルダの章】【ランドの章】を掲載。
 【サラスの章】ではシドの剣との出会いを。
 【ランドの章】ではランドとの出会いを。そしてこの後に、クレイ・J・アンダーソンとランドは火の手の上がるオルランド国へと向かう(その後のエピソードは『デュアン・サークD、E銀ねず城の黒騎士団』を参照)。
 【ミルダの章】は『デュアン・サークF、G氷雪のオパール』の直後の物語である。





bk1で購入

青の聖騎士伝説U
LAMENTATION OF THE EVIL SORCERER


ハードカバー上製本
2005年9月30日初版発行
発行:メディアワークス

イラスト:米田仁士
ISBN4-8402-3198-2

 「青の聖騎士」として名高いクレイ・ジュダ・アンダーソンの冒険譚の第二弾がついに登場。
 魔導師グラシェラを探し、セルマーへ向かったクレイとランド。グラシェラの使いだという女を追った先には、崩れかけた修道院があった。シドの剣を手に修道院へ足を踏み入れるクレイ、その先に待つものとは、魔導師グラシェラと、そして……。
 「電撃hp Vol.31」掲載の〈シドの章〉、「電撃hp Vol.34-35」掲載の〈グラシェラの章〉に大幅加筆、さらにデュアン・サークの師である魔法使いサヴァランの若き日の恋を描く書き下ろしエピソード〈サヴァランの章〉を集録。
 イラストレータ米田仁士先生の書き下ろしを含めたイラストを多数収録。